午後3時から週刊誌の打ち合わせだが

午後3時から週刊誌の打ち合わせだが、その前に、先週の経費の清算、今回の月刊誌で扱うネタの選定、漫画雑誌の連載コラムの執筆をやっておかねばならない。

だが、起床時間が遅かったので、コラムだけは間に合わず。仕方ない、打ち合わせのあと、速攻で書くことにしよう!

今週、採用されたのは私が出した企画ということもあって、打ち合わせはスムーズに進行。

終了後、経費を受け取り、取り上げるべき素材をを月刊誌の編集担当の机に置いたあと、コラム執筆開始。「なんでも観て野郎」と題したいつものイベント紹介コーナーで、ネタは6日吉祥寺に見に行った「岡林信康ロックコンサート」。7日のアレ日記に書いたレポートを核に、構成を変えてコラムの形にまとめる。これぞ趣味と実益。

この作業中、新雑誌の編集者から、短い文章の校正を頼まれる。女性には弱いので二つ返事で引き受ける。いや、これ短いけど重要な文章じやん。オレなんかか赤入れていいの、といいながら、ニュアンスは変えないように、かなり大幅に文章を改ざん。「校正料はいらんから、一段落したら抱瓶でおごってもらう」という約束をする。

7時ごろには、すべての作業が終了。鳴狐 ウィッグ店→高円寺G店というコースで一日を締めくくる。